孫正義のマスクはどこから供給されたの?

【孫正義のマスクはどこから供給されたの?】

 

4月11日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長がツイッターで、マスクを月に3億枚「無利益」で提供すると投稿しました。

新型コロナウイルスの影響で慢性的なマスク不足となっている昨今、孫正義さんはどこからこれほど大量のマスクを提供することができるのか不思議に思った方もいらっしゃるのでは?

そこで今回は、孫正義さんはどこからマスクを提供するのか、調べてみました!

 

孫正義のマスクはどこから供給されたの?

孫正義さんはどこからマスクを提供するのか調べたところ、孫正義さんは世界最大マスクメーカーBYD社と提携し、SB用製造ライン設立していたことが分かりました。

孫正義さんによると、5月から納品で月産3億枚(医療用高機能N95を1億枚、一般用サージカルを2億枚)ものマスクを生産できるようです。

孫正義さんは政府と協力して、無利益でマスクを供給するとしています。

 

「孫正義のマスクはどこから供給されたの?」のまとめ

今回は、

「孫正義のマスクはどこから供給されたの?」

について紹介しました!

最後までご視聴ありがとうございました!

 

トレンド

Posted by ksuke